名刺や紙袋はネットで作って経費削減|オリジナルで制作

製作前に考えておくこと

紙袋

オリジナルの紙袋は、やりたいことを全て詰め込んでしまうとコストがかかりすぎるので、コスト意識を持って製作するようにしてください。オリジナル紙袋を作る時には、デザインを印刷する以外に紙袋のサイズと品質、表面加工、持ち手を決める必要があります。

Read More..

デザインと材質に拘り

色見本

印刷した紙袋を作るときには、ロゴマークを下に配置しないことや発色イメージが異なるといったデザイン上の注意があります。なるべくシンプルなデザインにするようにして、高級感やオリジナリティを得るためには材質を工夫するようにしましょう。

Read More..

動く広告とは

紙袋

紙袋は動く広告ともなり、センスのいい印刷は会社やお店のイメージアップにもつながります。オリジナル紙袋はセミオーダーとフルオーダーで作ることができます。友人同士や地域、学校、会社のイベントなどでも作られることが増え手軽な通販が普及したことも大きな理由です。

Read More..

オリジナルの袋を作る際に

スーツの人達

製法はいろいろある

お店の名刺やオリジナル紙袋を作りたいとなった時には、オリジナル紙袋を印刷してくれる会社に依頼しようか検討すると思います。会社もいろいろありますが、印刷の仕方も一つではありません。名刺や紙袋における印刷の仕方には、オフセットやフレキソ、グラビアがあります。オフセットはカラー品質が最も良いといわれており、機械の精度が時代の進歩と共に向上しています。機械の種類には輪転印刷機と枚葉印刷機というものがあり、一番普及されている印刷方法です。フレキソは、印刷代が最も安いことが特徴です。消費が多いものを製作する場合は、フレキソが用いられることが多いようです。費用が安い理由としては、全ての製袋作業を機械で行うからです。やはりコストは少しでも抑えて経費削減したいものです。グラビアは銅管を腐食させて版を作るので、耐久性が高いです。

ちゃんと相談しよう

依頼する側としては、費用ができるだけ安く経費削減できる方が良いでしょう。なので、印刷の方法よりも費用の方を重要視するかもしれません。また、印刷業者でもない人が印刷について詳しいのは珍しいので、方法のことなんて分からないという人も多いと思います。オリジナル紙袋を作る時には、依頼した会社とちゃんと相談する必要があります。どういう用途で使用するのかという点や、どれくらいの数が必要なのかといった点を伝えておきましょう。また、イラストや写真を使いたいと伝えることも大切で、そうすることで、一番ふさわしい方法を会社側が教えてくれると思います。今はネット上で簡単に依頼できるようになっていますが、サイトや評判などをしっかり調べてから、相談がしやすく対応が丁寧な会社を選ぶことが重要です。